TOTO・DAIKEN・YKK AP
東京コラボレーション
ショールームだより

暖かくなる季節、温かいアドバイザーがお迎えします。

2013年3月22日

DAIKEN 山坂館長

(上田前館長記載記事)

皆様、こんにちは。
DAIKENブースの館長の上田です。

TOTOの輿石館長から花粉症の話が出ましたが、私も輿石館長と同じ花粉症知らずなんです。
私は小さい頃から兄弟に「鼻息が荒い」とよくおちょくられてました。それに加えて鼻の穴が大きいのです。(鼻を見に来ないでくださいね)
ということで普通の人よりかなり多くの花粉を吸っているはずなんですけどね・・・。
“○○は風邪ひかん”というのと同じでしょうか? あっ、輿石館長を一緒にしたらいけませんね。すいません。

さて、3月のDAIKENブースは雛祭りモードでお迎えをしました。
ドアや収納などに使っている化粧材を使用して折り紙みたいにして、お内裏様とお雛様を作って受付カウンターの横で御客様のお出迎えをさせました。
内裏様は「ダルブラウン色」、お雛様は「ティーブラウン色」でしたが、他の展示と調和してましたので、皆さんに気づいていただけたかどうか微妙ですが・・・。
アドバイザーの手作りですが、今後もこの折り紙パターンが登場するかも知れませんので注意して見ててくださいね。

今回はDAIKENが得意な天井材を紹介します。
TDY東京コラボレーションショールームは空間の展示が多く、色々なDAIKENの天井材が施工されています。商品によって吸音、消臭、調湿、吸ホル、マイナスイオン発生等のこだわり性能を有しています。
リビングや居室は適度に吸音した方が快適です。
DAIKENブースで御客様が一番驚かれる展示は「吸音体感ボックス」です。通常のクロス仕上げの空間と、一部DAIKENの天井材を施工した空間の音の響きの違いを体感していただけます。
違いがよく判り、御客様が感嘆の声を上げられます。是非、体感しに来て下さい!