TOTO・DAIKEN・YKK AP
東京コラボレーション
ショールームだより

DAIKEN 三重工場 ~WPC床材製造工場~ のご紹介

2017年3月16日

DAIKEN アドバイザーK

皆様こんにちは。DAIKENアドバイザーのKです。

春を感じる頃になりましたが、早く暖かくなると良いですね。




今回は大建工業の三重工場をご紹介させて頂きます。
三重工場は昭和62年設立で、当社の中では新しい工場です。所在地は三重県の津市で、ここから全国各地に製造した商品を供給しています。
三重工場では、当社の超ロングセラー商品のWPC床材を製造しています。WPCとは、Wood Plastic Combination の略で、木材の繊維の間や導管にプラスチックを注入・加熱することで、木そのものの美観を保ったまま、優れた耐傷性を生み出す技術です。
従いまして、WPC床材は美しくて、傷や汚れに強い床材です。
三重工場では、多数のWPC床材を製造しています。これからも、お客様の要望に応えられるよう頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

三重工場

さて恒例の連載コーナーです!

●ごちそうだより●

アドバイザーおすすめのランチを紹介します。

ショールームから徒歩3分くらいのところにあります「田一」さんのランチです。

写真は「メンチカツ 鶏手羽先フライ付 と 野菜練り込みカレー添え」です。

ライスがおわかりできて、満腹になりました。

ショールームでお配りしているしおりのQRコードから、このページに

アクセスしてくださった方へのお知らせです。

※今月のキーワードは【床材】です。

ご応募お待ちしております。

では、次回の連載をお楽しみにお待ちください。