TOTO・DAIKEN・YKK AP
東京コラボレーション
ショールームだより

アドバイザー紹介&2周年のお知らせ

2014年9月30日

DAIKEN アドバイザーKY

こんにちは。
DAIKENアドバイザーのKYです。

最近は夜風も少しづつ冷たくなってきましたね。
気温の変化が激しいので皆様体調に気をつけて下さいね!



さて、本日はTOTO・DAIKEN・YKK AP東京コラボレーションショールームにおりますDAIKENの男性アドバイザーをご紹介いたします。

ショールームというと女性アドバイザーのイメージが強いかもしれません。
一度ショールームにご来館いただいたことのある方は驚いた方もいらっしゃることと思います。
そこで今回は
DAIKENのベテランアドバイザーにお話を伺いたいと思います。

アドバイザーKY(以下略):ショールームではいつもどんな対応をしているのですか?
アドバイザーK(以下略):主にショールームに来館されるお施主様や業者様のご案内をしているよ。女性アドバイザーがご案内しているような床材の色や製品の仕様決めより、施工や納まりなど細かなことに関して聞かれることが多いかな。
Y:Kさんは営業職などをされていたんですか?
K:そうだよ。業者様に質問いただくこともあって覚えていったかな。
KY:聞かれるうちに覚えたのですね。
K:そうだね。男性アドバイザーは施工については学べる機会があったからね。でもまだ知らないこともたくさんあるよ。
KY:そうなんですか?苦手な分野もあるんですか?
K:それはあるよー。自分の居た部署の製品とかは詳しくなるけど、やっぱり知らないこともあるよ。それを自分でまた調べていくから覚えるんだよ。
KY:そうやって知識が増えていくんですね。私もそうなりたいです。
K:知れば苦手分野も無くなるし日々勉強だよ。
KY:ありがとうございます。

男性アドバイザーさんの知識は、毎日接客をしながら増えていったものなんですね。
そんな経験や知識が豊富な男性たちはDAIKENの女性アドバイザーにとってすごく心強い存在です。
施工や納まりに関して上手に説明できるのも日々の勉強のおかげなんですね。

KY:最後に何か一言お願いします。
K:まだまだ勉強すべきこともたくさんありますが、毎日楽しくお話させていただいています。ご来館いただいた際は是非お気軽にお声かけてください。

とても親しみのある男性アドバイザーがKさん以外にもDAIKENにおります。
是非、会いにいらしてみてはいかがでしょうか?

また、新宿ショールームは開館2周年を記念し、10月2日から11月30日まで『ご愛顧感謝フェア』を実施しております。
たくさんのイベントをご用意しております。フェアの詳細はこちらをご覧ください。
是非、この機会にショールームにご来館下さいませ。皆様のご来館をお待ちしております。