みんなで父を見守りたいから一緒に暮らそう

形態 マンション
築年数 20年
家族構成 お施主様:H(女・50歳代) 家族構成:5名 [配偶者/子ども/父/母]
リフォーム面積 99.6m²
施工期間 80日
総工費 1300万円
使用したTDY商品

トイレ:レストパル(TOTO)
床:トリニティ(DAIKEN)

テーマ
  • 2世帯

リフォームポイント

世代の違うご家族のご要望を網羅し、マンションで2世帯5人が心地よく暮らせるように留意しました。

工夫したのは、

・『週末は大家族』のためLDKをつなげることで広く感じる空間

・玄関ホールからLDKへの動線をスムーズに、トイレを広げて介助を考慮した造り

・ご両親の寝室は、いつでも休息が取れるように前室機能を持たせ、長年愛用したものは残す設計

・子世帯の居室は親子それぞれが小さくてもプライバシーが守れるように配慮したことです。

ご両親への優しい思いにあふれるリフォームになりました。

Before

転勤生活に終わりが見えた10年ほど前、ご両親は築10年の中古マンション物件を購入。傷みも少なかったので、あまり手を付けずに入居。一方、お嬢さん家族はご両親の住まいの徒歩圏内に戸建を新築。毎週末に家族4人と弟さん家族が実家に集まり、お母様の手料理を楽しむ食事会を開いていました。3年程前からだんだんお父様に介助が必要になり、お母様お一人では大変に思えてきたので、ご両親に同居を提案したところ快く承諾を得られ、実家マンションをリフォームをすることになりました。約100・は、ご両親お二人にはゆったりした空間でしたが、二世帯5人で暮らすには大いに工夫が必要な間取りでした。

After

最も重視したのはLDKの広さと快適な居心地です。週末に総勢10人の家族が集まることを想定し、リビング・ダイニングを広げるため、キッチンを少し移動。独立型キッチンの壁を取り払い、室内に視線が届く向きに変更しました。収納は主に壁面を利用し全て造作。寒さ対策で内窓の断熱化と全室床暖房を導入。床材はキズや汚れに強く、床暖房対応の戸建用を採用。車イスでも気兼ねなく暮らせます。玄関からリビングまでの扉を無くし開け閉めしながら室内を移動するわずらわしさを省き、通路幅も確保。トイレは介助スペースも確保するために既存の玄関収納を撤去し、トイレ側に取り込んで広さを確保。その代わりに土間収納を造作し、家族5人分の靴類がたっぷり収納できます。両親の寝室には、二人だけでくつろいだり、休息を取ることもできるように、前室の機能を持たせました。長年愛用してきた桐ダンスや食器棚は、これからも大切に使いたいとお母さまが希望。事前にサイズを細かく測り、寝室の間取りに組み込むようにプラン。家族が集うLDKの広さを優先したため、子世帯部分はどの部屋も小さめの設計に。限られた広さでも、親子それぞれのプライバシーが守れるように配慮しました。夜遅くに帰宅することが多いご主人の居室は、玄関に一番近い場所に。寝室で休むご両親に気兼ねせずに、入浴したりダイニングで食事を取ることができます。間取りはビジネスホテルのイメージでコンパクトながら、カウンターデスクや上下2段の物入も完備された合理的な造りです。奥さまと娘さんは、元和室の洋室を2分割して使用。娘さんのスペースは、ロフトベッド&デスクのセットで個室感を持たせました。奥さまのスペースは、ベッドの足元側にカウンターを造作。母娘の就寝時間は異なりますが、リビング側の引き戸を閉めてしまえばLDKの生活音は気になりません。約2.1帖の元納戸と押入はウォークスルークローゼットに改造。母娘の居室と廊下の両方向から使える回遊動線を確保しました。

リフォームを終えたお客様の声

マンションには制限もあるので、できないかも!?とダメ元で、色々相談してみました。調査してもらったり、少しの工夫で色々希望が叶うこともわかりました。特に週末は大家族で母の手料理に舌鼓を打つ日。大きなダイニングセットとソファもゆったり置け、リフォーム前からの習慣は、心地よい時間を過ごせるようになりました。お父さまの安全に配慮したプランですが、暮らしてみれば家族みんなに使いやすい住まいになりました。たくさん断捨離をして、物は減ったのに生活は不自由どころか、とても便利で快適になり大変満足しています。

このお店が施工しました

(株)北王

このお店の事例

事例一覧に戻る

ショールームで体験する

コラボレーションショールームはTOTOの水まわり、DAIKENのフローリングや内装ドア、YKK APの窓や玄関ドアなど、住まいづくりのための商品を総合的にご覧いただけます。

詳しくはこちら

お店を探す

地域に密着したリフォームのパートナーがプランのご提案から施工、設備の修理、アフターサービスまで、お客様を総合的にサポートいたします。

詳しくはこちら