そよ風と太陽をお家に

形態 一戸建て
築年数 23年
家族構成 本人、奥様、子ども(4人)
リフォーム面積 101m²
施工期間 90日
総工費 410万円
使用したTDY商品

玄関:ヴェナート(YKK AP)
窓:ワイドオープン(YKK AP)

テーマ
  • 中古リフォーム

リフォームポイント

庭とつながるリビング
戸建てならではの庭のある暮らしを2人の男の子たちに楽しんでもらいたいと、庭に室内が自然につながるプランをご希望でした。そこでリビング庭側を3・ほど増築し、開口部を可能な限り広げて、フルオープンになるサッシを採用。窓を開ければウッドデッキと庭が第2のリビングとしてつながります。
LDKにはFIXの縦長窓、出窓、ユーティリティスペースの窓からも光が入り、どこにいても明るく、窓を開ければ風の流れる心地よい空間に。窓は断熱性の高いLOW-E複層ガラスのサッシに入れ替え、開口部が覆いながらも室内の温熱環境は快適に保てるようにしています。お子さんたちにとって、庭は発見にあふれた新しい遊び場。木登りをしたりトカゲをつかまえたりと、マンションにいたころより活発に外で遊ぶ様子が見られるようになったそう。

玄関を明るく
玄関ホールと廊下は壁が続く閉鎖的な空間で、薄暗さがありました。そこで玄関の正面に開口を設け、リビングからの光を玄関や廊下に取り込めるように。リビングと玄関・廊下という2つの空間は機能的に分かれて入るものの、室内窓や建具のガラスを透明なものにすることで光が入り、リビングからも玄関からも視界が抜け、開放的な空間に。

家事動線をスムーズに
マンションのように家事スペースをワンフロアに集約したいというご希望から、洗濯・干すができるユーティリティスペース、キッチン、水周りを最短でアクセスできるように配置。キッチンはリビング側に対面で配置することで、キッチンからリビングや庭で遊ぶお子さんの様子も見守れます。

Before

マンションを売却して中古一戸建てを購入したYさん。マンション同様、戸建てでも1階だけで家事を済ませられるように、また2人の男の子と庭のある暮らしを満喫したいと考えていらっしゃいました。
Y様のご希望・お悩みは以下の通り
・庭と室内が自然につながるように(庭と室内を行き来しやすい)
・家事はワンフロアでスムーズにこなせるようにしたい
・暗い玄関・廊下を明るくしたい

After

■庭とつながるリビング
リビングの東側を3・ほど増築し、開口部にはフルオープンができる全開放サッシを採用。大きな窓からはLDKのどこにいても庭の緑を楽しめる。窓を開け放てば室内からデッキ、庭までつながり、伸び伸びとした開放感を味わえる。他にも出窓やパントリーの窓など開口部を設けたっぷりの光がLDK全体に届くように。窓はLOW-Eの複層ガラスで、断熱性にも配慮。
■玄関を明るく
リビングとつながる建具や室内窓を玄関ホールに設け、そのガラスには透明なタイプを採用。リビングの光が入るのはもちろん、玄関から見たときに視界が抜け、明るく開放的な玄関ホールに。
■家事はワンフロアでスムーズに
共働きで忙しいYさんご夫妻。リビング・パントリー・キッチン・水廻りをまとめたことで家事動線がスムーズに。またキッチンからはリビングとそれに続く庭が一望できるので、家事をしながら、リビングや庭で遊ぶお子さんの様子を見守ることもできる。

リフォームを終えたお客様の声

「マンションの時は、下の階が気になっていましたが、その心配がなくなって、子ども達が元気に遊びまわっても安心です」「子どもたちは庭の木に登ったりトカゲをつかまえたりと庭を思い切り楽しみながら、マンション住まいの頃よりも活発に遊んでいるのがうれしいですね」
「友人を招いてホームパーティーをすることも多いのですが、グリーンの見える広いリビングで、ゲストへのおもてなしもいっそう楽しめるようになりました」
「リノベーションして毎日の暮らしが楽しくなって、家で過ごす時間も増えました」

このお店が施工しました

(株)スタイル工房

このお店の事例

事例一覧に戻る

ショールームで体験する

コラボレーションショールームはTOTOの水まわり、DAIKENのフローリングや内装ドア、YKK APの窓や玄関ドアなど、住まいづくりのための商品を総合的にご覧いただけます。

詳しくはこちら

お店を探す

地域に密着したリフォームのパートナーがプランのご提案から施工、設備の修理、アフターサービスまで、お客様を総合的にサポートいたします。

詳しくはこちら