• ホーム
  • おうち時間を快適にする6つのヒント

hint.1

換気

窓の開閉による
自然換気を取り入れた生活。

風の入口と出口を意識した換気。

対角線がベスト

1か所よりも2か所あけたほうが
10倍効率が良い。

出典:YKK APホームページ

引違い窓

風を垂直に受けとめる
ウィンドキャッチ連窓

風向きに対して垂直に風を受けることが
効率的な換気を実現。

FIX窓をたてすべり出し窓に。
風を取り込みませんか?

対角線がベスト

かんたんマドリモ 
断熱窓
[YKK AP]

ドアを閉めたまま、室内に空気の流れを。

かんたんドアリモ 玄関ドア D30 通風機構付き[YKK AP]

換気口からの音の出入りを抑制。

給気口から室内に入ってくる近隣の騒音を小さくし、
室内の音の漏れも同時に抑えます。

※プッシュ式レジスター11型+フードM01型の組み合わせの場合

hint.2

音

テレワークや自分の時間を
心地よい音で。

部屋の音の反響を抑える吸音材。

WEB会議や在宅ワークに最適!
室内の反響音を抑え、TV会議の音もクリアに!

[左]一般クロス仕上げ天井
残響音が長く、音が大きく聞こえる。
[残響時間:約1.4秒/500Hz(20畳の場合)]

[右]吸音天井材 クリアトーン
残響音を抑え、うるさく響かない。
[残響時間:約0.6秒/500Hz(20畳の場合)]

外からの騒音を抑制し、外部への音漏れも抑える内窓。

内窓で外からの音を軽減。断熱・遮熱効果も!
ひと窓たった60分のかんたん工事。

内窓設置による二重窓効果※1
図書館なみの静けさを実現する内窓

※施工時間は納まり、条件によってプラスになることがあります。

※1 防音効果の算出条件
Before : 一般的なアルミサッシと単板ガラス(5㎜)の組合せ
After : 外窓フレミングⅡ引違い窓外付け枠単板ガラス(5㎜)/中間空気層84㎜/内窓プラマードU単板ガラス(5㎜)

hint.3

省エネ

省エネを日々の生活のあたり前に。

節水型便器テクノロジーの進化。

日ごろ使用するトイレの洗浄水1回あたりわずか3.8L(床排水の場合。壁排水は4.8L)。13L便器からおよそ1/3、8L便器からおよそ3/5と、大幅な節水を実現しました。毎日普通に使っているだけで、いつの間にか大きな節約効果があります。

●洗浄水の使用量:1987~2001年商品(C720R)13L/回、1999~2004年商品(CS80B):大8L、小6L/回、ネオレスト(床排水):大3.8L、小3.3L(eco小3.0L※1)/回、ネオレスト(壁排水):大4.8L、小3.6L(eco小3.4L※1)/回

●試算条件(2019年12月現在):家族4人(男性2人、女性2人)大1回/人・日、小3回/人・日※2 水道料金=265円(税込)/?。※3

※1 eco小ボタン使用時。男子小用時(立ち姿勢)のオート便器洗浄(DH除く)のみ。 ※2 「省エネ・防犯住宅推進アプローチブック」より ※3 (一社)日本バルブ工業会より

※消費税率10%で試算しています。

hint.4

衛生的

清潔と非接触で衛生的な暮らしに。

ハンドルに触れることなく
自動で吐水。

洗面化粧台 オクターブ[TOTO]

※「きれい除菌水」搭載商品

網かごの
気になるヌメリ防止に。

システムキッチン ザ・クラッソ[TOTO]

※「きれい除菌水」搭載商品

在宅でも、留守でも、
受け取れることの安心。

※「きれい除菌水」※1は、水※2に含まれる塩化物イオンを電気分解して作られる除菌成分(次亜塩素酸)を含む水。薬品等を使わず、水から作るので時間がたつともとの水に戻る※3環境にやさしいのが特長です。

※1 試験機関:(一財)北里環境科学センター 試験方法:電解水の除菌効力試験 除菌方法:電解した水道水と菌液を混合し除菌効果を確認 試験結果:99%以上(実使用での実証結果ではありません)
効果効能:「きれい除菌水」は、汚れを抑制するもので清掃不要になるものではありません。使用・環境条件(水質や対象物の材質・形状など)によっては、効果が異なります。

※2 水道水を除菌したという意味ではありません。水道水および飲用可能な井戸水(地下水)です。

※3 試験機関:(一財)日本食品分析センター

hint.5

在宅

限られたスペースで快適な時を過ごす。

ワークスペース・プライベートスペースをつくる。

間口に合わせてプランニング
自由自在。

ミセル[DAIKEN]

収納や間仕切りで必要な時に
自分空間を。

上質で心休まる穏やかな時間を過ごす。

働き、遊び、一日の終わりにゆったりできるくつろぎの時間を優雅なバスタイムで。

hint.6

自然

家にいながら庭やベランダで自然を楽しむ。

もうひとつの空間づくり

おうち時間で「おうちアウトドア」を楽しむ。
室内とは違った太陽や風を感じて、自然を楽しむことができます。