【ハンデと闘う!快浴バスルーム】(株)フジックスハートフルの施工事例全国のリモデルクラブ店から寄せられた、たくさんの事例を掲載しています。

ハンデと闘う!快浴バスルーム

ハンデと闘う!快浴バスルーム

右半身マヒの女性が一人で入浴できる環境をつくる!!
〜安全に、怖さを感じず、そして元気になれるように〜

☆最も長く居る部屋が寝室、その寝室に新たな浴室を設けることができないか・・・
               ↓
構造を改築補強すれば可能、設備は配管ルートや機器スペースを工夫すれば可能

☆マヒがある方に適した浴室環境をいかに整えるか・・・
               ↓
入院中の病院へ出向いて、本人の身体状況やリハビリ内容を調査、セラピストへのヒアリングで動作や注意点を確認

☆入浴以外の住環境全般をチェックしなければ・・・
               ↓
トイレへの移動や排泄動作の想定、食事の環境や来客の対応、外出の手段も検討して、福祉用具の導入や階段リフトの設置、建具の改良、便器リモコン洗浄装置なども実施

☆収入が減少している中で費用負担を軽減できないか・・・
               ↓
リモデルローンと介護保険制度を利用して、一括の支出を防ぐこととする

★不自由があるなかでも「ふつうの暮らし」をしていただき、前向きな
気持ちで生きていただけるよう、創意工夫と配慮でリモデルします

建物・
リモデル規模

一戸建て
築60年

費用:249万円
工期:7日

面積:81m2

部位
  • 浴室
使用製品

このお店が施工しました

神奈川県横浜市鶴見区

(株)フジックスハートフル

  • TEL:045-573-5921
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 定休日:日曜日、祝日、隔週土曜日、夏季休業、GW

お店の詳細

その他の施工事例(20件)

お問い合わせフォーム

この事例を・・・

お気に入りに登録する

リフォーム全体の感想

リモデル後のHappy!

■After:リモデル後のお施主様の声
生活スタイルの変化
帰宅後の生活はゆっくりした杖歩行、家事はヘルパーサービスを利用、外出は難しくピアノ演奏もできません。しかし、唯一のリフレッシュを入浴によって果たせます。寝室にバスルームがあるから着脱衣も気にせずできます。浴槽に入れないような体調不調の時でも浴室の輻射熱暖房機によってシャワー浴だけでも寒くありません。当初の不安感は払拭できました。
リモデルしてスマイルになったこと
在宅でリハビリをしていても遅々として進まない身体の回復。「つらい」「負けそう」という気持ちが時折おそってきます。でも、そんなときは時間をかけてバスルームに向かいます。すると再び「元気な気持ちになることができる」と笑顔も見られるようになりました。夢は、「早くピアノ教室に生徒さんを招きたい!」だそうです。頑張って!!

リモデル前のお悩み

■Before:リモデル前のお施主様のお悩み・ご要望
突然の出来事!!ピアノレッスンをしていたA・Mさんが生徒さんの目前で崩れるように倒れ伏しました。脳梗塞でした。そして右半身マヒが残り、加療とリハビリを行ってももとどおりの歩行ができず、退院後の生活には不安がいっぱいです。「きっと、一人で大好きな入浴もできないのでは・・・」。自宅は木造建物の2階で、浴室だけは狭い階段を下りた1階。「このままでは自宅に戻れないのでは・・・」
お悩みの理由とその解決方法
“どうすれば自宅で安全に、一人でも入浴できる環境がつくれるのか”をテーマにして検討した結果、寝室の一部に新しい浴室を設けることとしました。そしてA・Mさんの身体状況に最大限に配慮して。一切の段差が無いように床構造を改造、新たな給排水・給湯設備、暖房の設置や水栓金具の高さを調整、本人の動作を検証して必要な手すり設置など・・・。そして退院を迎えます。

浴室

AFTER

クリックしてさらに拡大

BEFORE

クリックしてさらに拡大

平面図

AFTER

クリックしてさらに拡大

BEFORE

クリックしてさらに拡大

事例詳細情報

ハンデと闘う!快浴バスルーム2016年10月20日

バス
バス


上・中段は寝室内の様子。スペースは広め。下段左・中はトイレ。ドアはこのままでは出入りが不可能。下段右はユニットバス範囲の床かさ下げを行いベースを設置。

バス
バス


左:安全配慮でご本人仕様のユニット内部。壁手すりの他にシャワーチェアーも支えの補助にしていますす。上段右:片開扉からアウトセット引戸に変更。収納折戸を使えるように鴨居レールは設置しない。中段左:白い壁の向こう側がユニットバス。ベッドから至近距離。中段右:トイレのアウトセット引戸。下段左:手すりとリモコン洗浄器を設置。下段右:玄関框部のイス式リフト(手前)と階段昇降機(奥)。




この事例を・・・ お気に入りに登録する