リモデルスタイル作品コンテスト2006
トップへ戻る
受賞作品
全国最優秀賞
部門別受賞作品
楽しくつどう部門
招いてもてなす部門
趣味にこだわる部門
便利にすまう部門
安らいでくらす部門
健やかにすごす部門
自由テーマ部門
プレゼンテーション賞
コンパクトリモデル賞
ブロック賞
部位別に受賞作品を見る
受賞作品を部位で検索することができます
家まるごとリモデル
キッチン/LDK
キッチン+その他
トイレ・洗面所
エクステリア
審査風景
各部門ごとに「最優秀賞」1点、「優秀賞」「審査員奨励賞」を各3点を目安に選出し、最後に全部門を通して「全国最優秀賞」を選出いたしました。
>> 詳しく見る
リモデルスタイル作品コンテストとは
安らいでくらす部門 最優秀賞
小さくすむ家 快適でコンパクトなひとり暮しのために
ウズラボ一級建築士事務所(神戸市兵庫区) 店舗のHPを見る
一人暮らしを楽しむお施主様にとって身の丈に合わない家の広さが負担になっており、コンパクトな生活を送れるよう日常使用する空間を1階に集約しました。建物は震災による家屋の傾きを解消し、耐震補強を施したうえで減築を実施。余剰部分はテラスとして使用、開放性をもつことで内でも外でもない場所をつくり、生活空間と外部との緩衝地帯として作用させました。物理的な居住面積は減りましたが、空間の広がりを感じられる場所になりました。
東側のテラス室から太陽光がふんだんに降り注ぐ
審査員からのメッセージ
広さを追求するのでなく、“小さく住まう”という提案が新鮮です。減築によってスペースを狭めつつも、外部との関係性によってむしろ広がりを感じさせるほどです。それは開放的な居住スペースのつくりにもありますが、新たに誕生したテラス室こそが最大の要因でしょう。陽射しがふんだんに降り注ぐこのゾーンは、内外の接点として大きく作用し、広いベランダ(室外)としてもサンルーム(室内)としても捉えられる、豊かさを生み出す空間となっています。
商品の使い方
>> ポイントの見方
物件概要
A邸
住宅形態 戸建
築年数 20年
リモデル面積 78.1m2
リモデル日数 約120日
リモデル費用 約1800万円
BEFORE AFTER
ページのトップへ
安らいでくらす部門 トップへ戻る 家まるごとリモデル 部位別リストへ戻る