光と風があふれるリビング。

築100年を超える古民家を、親子2人で快適に暮らせるように大きく減築してリモデル。
明るい光と風があふれる家に生まれ変わりました。

リビング

リビング

南側に窓を設けることで、一日中光が届くリビングに。一角を畳の仏間にし、床面と畳の高さを揃えて段差をなくすなど、家全体でバリアフリー性能を向上させています。

ダイニングキッチン

ダイニングキッチン

ダイニングの天井は、天井裏を見せて、梁を出すことで、以前の家の面影を残しています。

キッチン

キッチン

キッチンは能登ヒバ材に漆と金箔で蒔絵風に仕上げたオリジナル。寝室との間には風を通す小窓を設置。二俣和紙の意匠が空間のアクセントになっています。

エントランス

エントランス

廊下は一間の幅を取ることでゆとりを作り、玄関横には駐車場へつながる勝手口を新設。たたきには珠洲焼きを埋め込むなど、古民家の趣と伝統の技を調和させています。

Before/After

トイレ&浴室

トイレ&浴室

以前はタイル張りで冷たく、掃除も大変だったという水まわり。節水性の高い便器「ピュアレスト」、浴室は「サザナ」(共にTOTO)で清潔な空間に生まれ変わりました。

  • 光と風があふれるリビング。
  • リビング
  • ダイニングキッチン
  • キッチン
  • エントランス
  • トイレ&浴室

施工情報

リモデル箇所間取り図 Before After

家族構成 母+長女 築年数:100年 リモデル日数:120日 リモデル面積:180m²→108m² リモデル費用約1,395万円

採用商品 トイレTOTO「ピュアレスト」 浴室TOTO「サザナ」

インタビュー

 株式会社 喜多ハウジング 南出 葉子さん(左)石川県小松市Mさん(右)

施工店の声 株式会社 喜多ハウジング 南出 葉子さん(左)

あまり古民家然とするより、壁を洋間風にしたり、梁を部分的に残すぐらいがいいなとプランニングしました。建物を減築することで、梁を切ったり構造を変更しているので壁に筋交いを入れるなどして耐震性を高めています。また地元の工芸を取り入れることで、古民家の雰囲気にマッチした内装を提案しました。私も古民家で生まれ育ったのですが、意匠面で良いところや伝統的な建物の良さを残して、快適性を向上させることを目指しました。

グリーンリモデルを終えて 石川県小松市 Mさん(右)

一番変わったところは、明るくなったことと風が通ることですね。断熱もしてもらって光熱費も安くなりました。南出さんには、洗濯物を干すところや、階段下の収納など、主婦の視点でいろいろ考えてくれたことがうれしかったです。初めは梁も隠して、天井を低くすることも考えたのですが、昔の面影が残るし、親戚もみんな懐かしいと言ってくれて、残しておいてよかったと思っています。

09

築100年の古民家を住み心地よく

石川県小松市 M邸

光と風があふれるリビング。

築100年を超える古民家を、親子2人で快適に暮らせるように大きく減築してリモデル。
明るい光と風があふれる家に生まれ変わりました。

リビング

リビング

南側に窓を設けることで、一日中光が届くリビングに。一角を畳の仏間にし、床面と畳の高さを揃えて段差をなくすなど、家全体でバリアフリー性能を向上させています。

ダイニングキッチン

ダイニングキッチン

ダイニングの天井は、天井裏を見せて、梁を出すことで、以前の家の面影を残しています。

キッチン

キッチン

キッチンは能登ヒバ材に漆と金箔で蒔絵風に仕上げたオリジナル。寝室との間には風を通す小窓を設置。
二俣和紙の意匠が空間のアクセントになっています。

エントランス

エントランス

廊下は一間の幅を取ることでゆとりを作り、玄関横には駐車場へつながる勝手口を新設。
たたきには珠洲焼きを埋め込むなど、古民家の趣と伝統の技を調和させています。

トイレ&浴室

トイレ&浴室

以前はタイル張りで冷たく、掃除も大変だったという水まわり。
節水性の高い便器「ピュアレスト」、浴室は「サザナ」(共にTOTO)で清潔な空間に生まれ変わりました。

施工情報

リモデル箇所間取り図 Before After

家族構成
母+長女
築年数:100年 リモデル日数:120日 リモデル面積:180m² → 108m²
リモデル費用 約 1,395 万円
採用商品 トイレ TOTO 「ピュアレスト」
浴室 TOTO「サザナ」

グリーンリモデル3つの視点

健康配慮 風が四方から通り抜けて、夏場はエアコンをほとんど使用しなくなった。
南側の窓から太陽光を取り込むことで、冬も暖かく過ごせるように。
長もち住宅 廊下幅を一間取るなど、ゆとりある空間で車いすでの生活にも対応。
段差をなくし、間取りを変更して、動きやすい回遊型の間取りに。
CO2削減 風と太陽光を利用することで、冷暖房費を削減。
壁・床・天井の断熱性を高めて、気密性も向上。

インタビュー

施工店の声
株式会社 喜多ハウジング
南出 葉子さんさん(左)

株式会社 喜多ハウジング 南出 葉子さん(左)グリーンリモデルを終えて 石川県小松市 Mさん(右)

あまり古民家然とするより、壁を洋間風にしたり、梁を部分的に残すぐらいがいいなとプランニングしました。建物を減築することで、梁を切ったり構造を変更しているので壁に筋交いを入れるなどして耐震性を高めています。また地元の工芸を取り入れることで、古民家の雰囲気にマッチした内装を提案しました。私も古民家で生まれ育ったのですが、意匠面で良いところや伝統的な建物の良さを残して、快適性を向上させることを目指しました。

グリーンリモデルを終えて
石川県小松市 Mさん(右)

一番変わったところは、明るくなったことと風が通ることですね。断熱もしてもらって光熱費も安くなりました。南出さんには、洗濯物を干すところや、階段下の収納など、主婦の視点でいろいろ考えてくれたことがうれしかったです。初めは梁も隠して、天井を低くすることも考えたのですが、昔の面影が残るし、親戚もみんな懐かしいと言ってくれて、残しておいてよかったと思っています。