グリーンリモデル TOPへ

長持ち住宅

もしもの時に備えて、しっかり耐震

耐震判断に基づいた耐震工事をすることで、強固な構造になります。

より安心できる住まいづくりのためには、躯体構造の見直しが重要になります。専門家に耐震診断をしてもらい、住まいの構造がどのようなレベルにあるか確認しましょう。

【一般的な筋かい工法(Before)】
【ダイライト耐震リモデル(After)】

健やかな空気環境

メンテナンスお取り替えがカンタン

例えばマンションの浴室では、洗い場の一部が外せるTOTOの「床大型点検口(マンションリモデルバスルームWA/WBシリーズ)」にすれば、床や壁を壊さずに浴室内部から点検・メンテナンスができます。トイレでは、設備排水管の移設を行わずに、最新型の便器に交換することが可能です。
TOTOの「リモデル便器」なら、排水アジャスターによりいろいろな排水芯に対応できるので、排水管の位置を変更することなく、短時間・低費用で便器の取り替えができます。

【床大型点検口】
【リモデル便器】

傷や変色などに強く、お手入れもカンタンです

一般的な木質フロアは、木質の繊維組織部が空洞となっているため、固いものを強く押しつけたりすると、へこみ傷がついてしまいます。この空洞部分をプラスチックで満たしたDAIKENの「WPC床材」を用いれば、表面硬度が高く、傷がつきにくいので、長い間美しさが保てます。また、外まわりに天然木を使用すると風雨や腐朽による強度の低下や傷・色あせなどによるメンテナンスが大変でしたが、木粉と廃プラスチックを利用したデッキ材、YKK APの「リウッドデッキ200」なら耐候性、耐腐朽性、耐水性に優れ、カンタンなお手入れで長期にわたり快適な状態を保てます。

【リウッドデッキ200】 【天然木】