リフォーム用語集

分類 : 屋根

瓦には、大きく分けて和瓦と洋瓦がある。和瓦は昔から日本で伝統的に使われてきたもので、だいたいが鉛色をしている。一方、洋瓦はスペイン瓦やフランス瓦、S字瓦などがあり、外国でつくられて使われてきたものが、住宅の洋風化に伴って取り入れられたもの。また、近年では、和瓦も時代の流れによって、洋風の住宅にマッチする形が多種出てきた。どちらも粘土を焼き固めてつくり、釉薬を塗ったものと塗らないものがある。釉薬を塗らないものは自然の色むらが出るため、好き嫌いはあるが、その微妙な風合いが今も支持されている。長年にわたって材質、色に変化がないのが長所だが、重い材なので構造体が太くなる。また屋根勾配が4寸5分(10mの間に4.5m傾斜がつく)くらいに決まってくる。

前のページに戻る