リフォーム用語集

シックハウス症候群

分類 : 子供部屋

住宅の遮音性、断熱性などを高めるための気密化が進むにつれて、化学物質を多量に含む建材の使用や住宅内部の換気不足等の原因により、新築直後、室内に放出された揮発性有機化合物が除去できない場合がある。それが原因となり「目が痛い」「喉が痛い」といった症状を引き起こすことをシックハウス症候群という。その住宅から外に出るとそれらの症状が治まるのが特徴。化学物質過敏症がごく微量の化学物質で起こるのに対し、これは高濃度で起こる。合板などの製造時に使われる接着剤などに含まれるホルムアルデヒドもその原因の一つである。近年では新築病ともいわれる。

前のページに戻る