リモデルQ&A

マンションリフォームの留意点

マンションでリフォームするときの注意点は何でしょうか?

マンションはひとつの建物を複数の世帯で共有している関係から、次のような点に留意しておく必要があります。

(1)リフォームできるところと、できないところを確認する

マンションは専有スペースと共有スペースに分かれています。個人でリフォームができるのは、基本的に専有スペースのみです。ただし、外観や風紀などに影響を及ぼすため、専有スペースであっても玄関ドア、バルコニー、専用庭は、リフォームが禁止されていることも多いのでご注意ください。また、現在の工法を把握していただくことも必要です。管理組合で図面が管理されていますので、そちらでご確認ください。

(2)管理組合でマンションのローカルルールを知る

管理組合に対して、あらかじめ工事の申請・許可を受けておく必要があります。また、リフォームをする前には、管理組合に相談するとよいでしょう。リフォームができる範囲はもちろん、細かい規定などを知ることができるうえ建築時の図面類も保管されていますので、なにかと安心です。

(3)上下左右の近隣住戸に配慮する

マンションは工事中の騒音や振動などが伝わりやすいため、よりいっそう近隣に配慮する必要があります。施工会社と相談して、自宅を中心に上下左右(斜め上下も入れる場合もあります)の住戸へご挨拶が必要です。また、マンションによっては隣接住戸の承認が必要になる場合もあります。

(4)水まわりの位置変更には特に注意する

水まわりのリフォームは、同じ位置での機器の取り替えは十分に可能ですが、スペースそのものを移動する場合は、配管状況・ダクト位置によって、できる場合とできない場合が出てきます。そのため、竣工図などでの事前確認をはじめ、管理規約の確認や、管理事務所や管理組合との相談が必要になってきます。また、給水管が古くて壊れやすくなっている場合は漏水の危険があるため、設備機器の交換だけにとどまらず給水管全体の交換が必要になる場合があります。

(5)マンションリフォームに関する法律を知る
・区分所有法

正式には「建物の区分所有等に関する法律」のことで、一般に「マンション法」とも呼ばれ、マンションで区分所有者(住戸人)が共同生活をおくるためのルールをまとめた法律です。専有部分(個人の所有権が確立している部分)と共用部分(マンションの所有者全員で所有権を持つ部分)についても定められていて、管理組合や管理規約の制定も定められています。

・管理規約

マンションの住戸人によって構成される管理組合が定めた規約で、マンションで快適に暮らす為のルール、建物の使用などについて定められています。マンションによっては、この管理規約の中で、管理組合への届け出や隣戸の承認の義務づけ、使用できる床材などリフォームに関する制限を設けていますので、リフォームの際には必ず事前に確認しましょう。

・使用細則、協定

区分所有法や管理規約に基づき、マンションを利用する上でのルールをまとめたものです。

・消防法

火災を予防し、被害を軽減することを目的とした法律で、内装材の制限や火災報知器の設置などが定められています。

・その他

その他には、建築基準法や水道法・ガス事業法・電気事業法などがあります。

購入した中古マンションのリフォームはどのように進めるとよいでしょうか?

中古マンションをリフォームする場合は、以下の点がポイントとなります。

(1)中古マンションの購入とリフォームプランを同時にすすめていくことがポイントです。

中古マンションを購入してリフォームする場合、入居予定時期とリフォーム時期を考慮してスケジュールをたてることがポイントです。せっかくの良い機会ですので入居後のリフォームは避けましょう。

(2)自分の住みたい地域・環境を決め、できるだけ多くの物件をみるのがポイントです。

中古マンションは、いろいろな地域で販売されています。まずは住みたい場所にこだわり、事前に不動産会社にそのことをはっきり伝えるのがポイントです。物件の希望条件の優先順位を決めて、不動産会社に伝えることも大切です。

(3)不動産会社に入居前のリフォーム内容を伝えることもポイントです。

中古住宅の中には、すでにリフォームを済ませて市場に出ている物件もあります。当然ながらリフォーム費用が販売価格に上乗せされていますので、自分が思い描くリフォームをしたい場合は不向きです。

(4)リフォーム会社選びも物件探しと同時進行で進めるこどがポイントです。

リフォーム会社に物件を同行してもらい、どのような工事ができるのか?費用はどれくらいかかるのか?アドバイスをもらうこともポイントです。

(5)建物の状態、メンテナンス状況を確認しておくことがポイントです。

物件の修繕履歴を確認して、管理会社が適切にメンテナンスを行っているか不動産会社に確認しましょう。築10年~15年で外壁の補修や塗装、築20年で給排水管の更新を行っていることが一般的です。また、今後の修繕計画がしっかり計画されているか確認することもポイントです。

(6)物件が決まったら、すぐにプランニング依頼ができるようにリフォーム内容を具体的にしておくことがポイントです。

全面リフォームとなるとプランニングに約2~3カ月、工期に約1~2カ月かかります。物件が決まらないと本格的な調査やプランニングはできません。リモデル内容を具体的にして、なるばく早めにリフォーム会社に相談を始めておくことが重要です。